焼鳥ぴーすけ

|焼鳥ぴーすけ

『せせり』はどこの部位?その由来は?美味しさの訳は〇〇だから!|焼鳥ぴーすけ

『せせり』はどこの部位?その由来は?美味しさの訳は〇〇だから!|焼鳥ぴーすけ

2021/10/05

いつもありがとうございます。焼鳥ぴーすけです。

『せせり』はどこの部位か知っていますか?

またその名前の由来を知っていますか?

名前を聞いただけではどこの部位かわかりにくいため、わからずに食べている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな『せせり』についてまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください♪♪♪

せせりは、脂がのっていてぷりっとした食感が特徴です。

当店でも人気が高い部位です。

その『せせり』がどこの部位か知っていますか?

正解は、鶏の首肉のことなんです。

せせり以外にも『ネック』と表記している焼鳥屋もあります。

ネックは首の英語なので納得できますが...

せせりが首を意味するとは思えませんよね。

実はせせりの名前の由来は、「ほじる」を意味する関西の方言「せせる」からきています。

首肉を骨からほじる様子を意味しているようです。

当時は関西でのみ『せせり』と呼ばれていましたが、今では全国でせせりという呼び名が使われています。

せせりの美味しさの訳

にわとりの首が発達している理由は?

にわとりの首は胴体に対してかなり太く発達しています。

その理由は、歩く時のあの特徴的な首の動きにあったんです。

実は、にわとりは眼球を動かすことができません。

それに加えて顔の横側に目がついているので、歩くと周りの景色も一緒に動いて酔ってしまいます。

そのため、首を固定して胴体だけを動かして歩いています。

あの特徴的な動きは、首を前後に振っているように見えますが、実は首は固定されているんですね。

そのため、にわとりの首は発達していて、脂がのって引き締まった肉質になるというわけです。

つまり、眼球を動かせないことにより首が発達するため、せせりは美味しくなるんですね。

 

脂がのったぷりぷりの『せせり』食べたくなりましたか?

当店のせせりは塩で食べていただくのがオススメです。

10/4より店内でご飲食いただけます。

ぜひ出来立てをお召し上がりください。

ご来店お待ちしております。


『ねぎま』の由来についてもまとめています。

よろしければ、こちらも併せてご覧ください。

 

『ねぎま』は『ねぎ間』ではない!?そもそも串焼きではなかった!?|焼鳥ぴーすけ

大阪府大阪市東淀川区菅原4-1-22

(阪急淡路・JR淡路・阪急上新庄より徒歩15分)

06-4400-3614

焼鳥ぴーすけ

※営業時間は国や大阪府の要請により通常と異なる場合がございます。詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

▼▼▼焼鳥ぴーすけのメニュー▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのギャラリー▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのInstagram▼▼▼

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。