焼鳥ぴーすけ

焼鳥の『さんかく』はどこの部位!?店によって違うって本当!?|焼鳥ぴーすけ

大阪市東淀川区菅原4-1-22(阪急淡路・JR淡路駅より徒歩15分)

焼鳥の『さんかく』はどこの部位!?店によって違うって本当!?|焼鳥ぴーすけ

焼鳥の『さんかく』はどこの部位!?店によって違うって本当!?|焼鳥ぴーすけ

2021/11/13

皆様は焼鳥の部位『さんかく』をご存知ですか?

その名の通り三角形の形をした部位のことなのですが、実はお店によって出てくる部位が違うんです!

その訳は『さんかく』が2つの部位を意味しているからなんです!

本日はその2つの部位をご紹介します。

 

 

より詳しくご覧になりたい方はこちらがオススメです!

やげんなんこつ

01,

『さんかく』が意味する部位、1つ目は『やげんなんこつ』です。

鶏の胸骨の先端にある軟骨で、軟骨としては比較的柔らかくコリコリとした食感が特徴です。

 

やげんなんこつは、薬研という薬をすり潰す道具に形が似ていることからそう呼ばれていますが、やげんなんこつの形が三角形なことから『さんかく』とも呼ばれています。

 

当店では『やげんなんこつ』と表記しております。

ぼんじり

02,

『さんかく』が意味する部位、2つ目は『ぼんじり』です。

 

ぼんじりは鶏のお尻の先のことですが、その形が三角形になっていることから『さんかく』と呼ばれています。

他にはお尻を意味する『ヒップ』や『テール』という呼び名もあります。

 

当店では『ぼんじり』と表記しております。

 

ぼんじりは、脂がのったジューシーな味わいで、弾力のある食感です。

焼き立ては、皮目のパリッとした食感とのコントラストも楽しめます。


最後までご覧いただきありがとうございます。

今回は、焼鳥の『さんかく』についてまとめてみました。

ご家族やご友人にもぜひシェアしてください♪♪♪

大阪府大阪市東淀川区菅原4-1-22

(阪急淡路・JR淡路・阪急上新庄より徒歩15分)

06-4400-3614

焼鳥ぴーすけ

※営業時間は国や大阪府の要請により通常と異なる場合がございます。詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

▼▼▼焼鳥ぴーすけのメニュー▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのInstagram▼▼▼

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。