焼鳥ぴーすけ

【希少部位】焼鳥のつなぎとは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

大阪市東淀川区菅原4-1-22(阪急淡路・JR淡路駅より徒歩15分)

【希少部位】焼鳥のつなぎとは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

【希少部位】焼鳥のつなぎとは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

2022/08/20

皆さんは焼鳥屋のメニューで『つなぎ』を目にしたことはありますか?

 

希少部位である『つなぎ』ですが、どこの部位かわからず、食べたことがないという方も多いのではないでしょうか?

 

一度食べればやみつきになるジューシーで旨みたっぷりの部位です。

それでは焼鳥の希少部位『つなぎ』についてご紹介します。

『つなぎ』ってどこの部位?

『つなぎ』は鶏の心臓と肝をつなぐ血管部分。

心臓に血液を送る大動脈です。

 

血管、大動脈と聞いて「食べてみたい」と思う方はもしかすると少ないかもしれません。

ですが、一度食べればやみつきになる旨みたっぷりの部位です。

 

くにゅくにゅとした食感で脂がのったジューシーな味わいです。

心臓と肝をつなぐ部分なので、肝が苦手な方は敬遠されることが多いですが、肝特有の風味は少なく比較的食べやすいです。

他にもこんな呼び名があります

つなぎの他にも『はつもと』『こころのこり』などと呼ばれています。

 

『つなぎ』は心臓と肝を『つなぐ』血管ということから。

『はつもと』は心臓がはつと呼ばれているため、はつの根本にあることから。

『こころのこり』は心臓(=こころ)を捌いた時に残る部分ということから。

当店のつなぎは自慢の一串

タレで提供しているお店が多い『つなぎ』ですが、当店では塩でお出しすることが多いです。

 

塩で出せると言うのも、丁寧な下処理があってのこと。

臭みがないのも自慢です。

 

一日に一本あるかないかの状況ですが、巡り会えた際はぜひご賞味ください。


【愛媛の味を大阪で】こだわりの焼鳥と日本酒が楽しめる 大阪淡路の炭火焼鳥屋『焼鳥ぴーすけ』

【土佐備長炭】【愛媛県 媛っこ地鶏】【愛媛県 砥部焼】を使用。

店主の地元・愛媛の素材にこだわっています。

なくなり次第入れ替わる日本酒は全国各地から取り揃えています。

ここでしか味わえないこだわりの味

焼鳥の主役と言えば鶏肉だと思いますが、当店では鶏肉以外にも炭・調味料・器にもこだわっています。

鶏肉、調味料・器は店主の地元愛媛県より取り寄せ、炭には高知県の土佐備長炭を使用しています。

自身が満足のいく味に辿り着くまで何度も試行錯誤を重ね、その時の最高の状態をお客様に提供しております。

一本の焼鳥に込められた特別なこだわりを心ゆくまでご堪能ください。

清潔感のある店内、全席禁煙でお子様連れも大歓迎

阪急淡路・JR淡路より徒歩15分。

すぐ裏手にはコインパーキングもありお車でのご来店も安心です。

清潔感のある店内で、ベビーチェアやキッズカトラリーなどお子様にもやさしい環境をご用意しています。

お一人で、カップルで、ご家族で、お気軽にご来店ください。

誰もが食べたことのある馴染みの味『焼鳥』で特別なひとときを。

▼▼▼公式Instagramはこちら▼▼▼

最新情報をお届けしています!ぜひチェックしてみてください!

▼▼▼公式LINEはこちら▼▼▼

LINEでご予約可能です!友だち追加お願いします!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。