焼鳥ぴーすけ

『ねぎま』は『ねぎ間』ではない!そもそも串焼きではなかった|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

『ねぎま』は『ねぎ間』ではない!そもそも串焼きではなかった|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

『ねぎま』は『ねぎ間』ではない!そもそも串焼きではなかった|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

2022/04/17

焼鳥屋では定番の『ねぎま』

鶏肉とねぎが交互に串にささっているその形から『ねぎ間』だと思っている方も多いですが、そうではありません。

 

実はねぎまは『ねぎ』『ま〇〇』を表していたんです。

『ま』から始まる食材『ま〇〇』とは一体なんでしょう?

 

今回は焼鳥の定番メニュー『ねぎま』についてお話しします。

ねぎまの『ま』が表す食材『ま〇〇』とは?

ねぎまの『ま』が表す食材...

それは『まぐろ』のことなんです!

 

つまり『ねぎま』は『ねぎ』『まぐろ』を意味しています。

では、なぜ『まぐろ』なのでしょう?

 

その起源は江戸時代まで遡ります。

当時のねぎまには鶏肉ではなく『まぐろ』が使われていたため、ねぎとまぐろを意味する『ねぎま』という名前で呼ばれていました。

 

その名残が現在でも残っているため、まぐろを使わなくなった今でも『ねぎま』と呼ばれています。

『ねぎま』はもともと串焼きではなかった

『ねぎま』はもともと串焼きではなく、江戸時代に人気があった鍋料理『ねぎま鍋』として庶民の間で親しまれていました。

 

現在ではまぐろは生食の方が主流ですが、この頃は火を通して食べるのが当たり前で、ねぎとまぐろを串にさして鍋に入れたことから始まり、次第に串焼きに変化していきました。

 

その後まぐろの価格が高騰し、代わりに安価な鶏肉が使用されるようになりました。

そこから『ねぎま』は『ねぎ』『鶏肉』を串にさした串焼きを指すようになり、焼鳥の定番メニューとなりました。

 

 

 

よろしければ、こちらも併せてご覧ください。

焼鳥に串が使われている理由についてご紹介しています。

『ねぎ』はもはや主役

ねぎまの『ねぎ』、それはもはや主役級の味わいです。

 

一本の串で鶏と一緒に焼かれた『ねぎ』は、鶏の旨みたっぷりでとってもジューシーです。

噛むとじゅわっと溢れ出てくる旨みがたまりません。

 

『ねぎ』があることにより一串で食感や味の違いを楽しむことができ、最後まで美味しく食べ進めることができます。

 

ねぎま鍋の頃から変わらず『ねぎ』が使われているのは、『ねぎ』がもつ旨みが素晴らしいからだと言えます。

その他にも『ねぎ』には殺菌作用があるので、食材を新鮮に保ったり、体調管理にも役立つとされています。

 

『ねぎ』をただの脇役とは思わずに、ぜひ主役として食べてみてください。

まとめ

⚫︎ねぎまの『ま』とは『まぐろ』のこと

⚫︎ねぎまの起源は江戸時代にあり、もともとは鍋料理だった

⚫︎鶏の旨みを吸った『ねぎ』はもはや主役級の味わい

 

 

『ねぎま』が串焼きではなく鍋料理だったとは驚きでしたね。

今では焼鳥の定番メニューですが、今後もたくさんの可能性や変化を秘めた一串かもしれません。

 

当店の『ねぎま』には店主の地元・愛媛県の媛っこ地鶏を使用しています。

ぷりぷりとした食感とコクのある旨みが特徴です。

ねぎに関しては、老舗の八百屋さんから仕入れています。

野菜のプロが選んだ『ねぎ』は格段に味がちがいます。

鶏だけでなく、主役級のねぎにもこだわった当店のねぎま。

ご来店の際はぜひご賞味ください。


大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

【土佐備長炭】【愛媛県媛っこ地鶏】【愛媛県砥部焼】
-----------愛媛の素材にこだわった焼鳥屋-----------
**全国各地から『日本酒』を取り揃えております**

▼▼▼焼鳥ぴーすけのこだわり▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのメニュー▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのInstagram▼▼▼

大阪府大阪市東淀川区菅原4-1-22

(阪急淡路・JR淡路・阪急上新庄より徒歩15分)

06-4400-3614

 

月〜金

Lunch: 11:00-13:00

Take out: 11:00-15:00

Dinner: 17:30-22:00(21:30LO)

土・祝日

Dinner: 17:00-22:00(21:30LO)

定休日

※ネタがなくなり次第閉店致します。

※営業時間は国や大阪府の要請により通常と異なる場合がございます。詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。