焼鳥ぴーすけ

地鶏とは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

地鶏とは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

地鶏とは?|大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

2022/03/16

焼鳥屋で『地鶏』を使用しているお店はたくさんありますよね。

 

そんな『地鶏』ですが、どんな鶏が『地鶏』と呼ばれるかご存知ですか?

 

『地域限定の鶏』『その地域でこだわって育てられた鶏』と思っている方が多いのではないでしょうか?

 

たしかにこれらも間違いではありませんが、実は地鶏』と呼ばれるには明確な厳しい条件が存在します。

 

今回は『地鶏』について簡単にまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください。

在来種の血が50%以上

在来種とは...

明治時代までに日本国内で成立、または日本国内に導入(輸入)され定着した品種のこと。38種類あり、日本農林規格(JAS)において定義されています。

比内鶏

ロードアイランドレッド

薩摩鶏

軍鶏(しゃも)

名古屋種(=名古屋コーチン)

黄斑プリマスロック

など

 

これらの在来種の血を50%以上受け継いでいる品種が、地鶏として認められます。

 

 

当店で使用している愛媛県の『媛っこ地鶏』は、

ロードアイランドレッド

名古屋種

軍鶏

白色プリマスロック(黄斑プリマスロックの変異種)

の4種類を交配した全国でも珍しい四元交配です。

 

 

交配することによっていいとこどりが実現し、それぞれ特徴をもった地鶏が生まれます。

長い期間をかけて丁寧に育てる

スーパーでよく売られている若鶏が、約50日で出荷されるのに対し、地鶏は75日以上という決まりがあります。

 

当店で使用している愛媛県の『媛っこ地鶏』80日以上150日以内で出荷されることが決められています。

 

時間をかけて丁寧に育てられることで、しっかりと成熟し旨みがつまった味わいになります。

のびのびと自由に動ける環境

28日齢以降は1平方メートルあたり10羽以下平飼いされることが決まっています。

 

平飼いとは...

ケージ飼いと対比される飼育方法で、地面を自由に歩き回れる環境のこと。

 

太陽の光を浴びて、のびのびと生活ができるのでストレスが少なく、病気にかかりにくい健康な鶏に育ちます。

 

適度な運動や太陽の光を浴びることは、人間にとっても健康を保つ上で大切だと言われていますよね。

 

また、しっかりと動き回るため筋肉も発達するので、柔らかい中にもぷりっと歯ごたえのある食感に仕上がります。

まとめ

⚫︎在来種の血が50%以上含まれていること

⚫︎長い期間をかけて丁寧に育てられていること

⚫︎のびのびと自由に動ける環境が用意されていること

今回は『地鶏』について簡単にご説明しました。

 

地鶏を使った焼鳥屋は多くありますが、よくわからずに食べていたという方も多いのではないでしょうか?

 

今回の内容を参考に、焼鳥をもっと美味しく食べていただければ幸いです。

 

媛っこ地鶏を使った当店の焼鳥もぜひご賞味ください。

ご来店お待ちしています。


大阪 淡路の炭火焼鳥屋 焼鳥ぴーすけ

【土佐備長炭】【愛媛県媛っこ地鶏】【愛媛県砥部焼】
-----------愛媛の素材にこだわった焼鳥屋-----------
**全国各地から『日本酒』を取り揃えております**

▼▼▼焼鳥ぴーすけのこだわり▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのメニュー▼▼▼

▼▼▼焼鳥ぴーすけのInstagram▼▼▼

大阪府大阪市東淀川区菅原4-1-22

(阪急淡路・JR淡路・阪急上新庄より徒歩15分)

06-4400-3614

 

月〜金

Lunch: 11:00-13:00

Take out: 11:00-15:00

Dinner: 17:30-22:00(21:30LO)

Dinner: 17:00-22:00(21:30LO)

祝日

Dinner: 17:00-22:00(21:30LO)

定休日

※ネタがなくなり次第閉店致します。

※営業時間は国や大阪府の要請により通常と異なる場合がございます。詳しくはお電話にてお問い合わせくださいませ。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。